排卵障害の私の不妊治療

私は一人目の子作りの時にスムーズに授かることができたので、二人目を考え始めた時も自分が不妊だということは想定していませんでした。
元々生理不順がありましたが、一人目で授かっていたために、あまり重視せずに生理が来ているからと安心していました。
しかし実際には排卵障害で、生理は来ていても排卵していなかったのです。
そんな私の妊活について紹介します。

1.基礎体温を測って婦人科に受診へ

基礎体温を計測するということは自分の体を知る上で大事になります。私も子どもがほしいと思ってから2ヶ月ぐらいは基礎体温を計測していました。
しかししっかりと排卵している場合は、高温期と低温期の二層に分かれると言われているグラフが、私の場合は一定で高温期、低温期という二層に分かれていないのです。
そのことからもしかしたら排卵していないかもしれないと不安になり、婦人科に受診をしました。

2.排卵していないことがわかる

婦人科に受診したタイミングは生理が終わってから排卵をする前ぐらいのタイミングでしたが、内診してもらっても排卵しそうな卵胞が育っていませんでした。
そして私が持参したグラフも見て、医師からは排卵が起こっていない可能性が高いと言われました。
排卵をしていないということは、タイミングをとって妊活をしていても妊娠する可能性はないということなので、私はその時点でかなりショックでした。
しかし前向きに治療をしていこうと思いました。

3.排卵誘発剤と黄体ホルモン剤

私に処方されたのは毎月定期的に生理がくるように生理周期を整えるためのルトラールという内服薬と、排卵を誘発するクロミッドという薬でした。
それを内服してグラフもつけながら様子を観ていましたが、残念ながら生理は来るもののグラフが二層に分かれませんでした。
排卵期に婦人科を受診するとまた内診により排卵していないと言われました。

それを2周期続けてもダメで、排卵誘発剤のクロミッドが2錠に追加されました。
結果としては同じで、排卵を誘発するために排卵誘発剤の注射にステップアップする提案を医師からされました。

4.排卵誘発剤の注射

排卵誘発剤の注射により排卵を起こさせるという方法ですが、医師からはこれで排卵をする確率は高まるけれども、排卵した場合双子になる可能性が20%
あると言われました。
私は上に子どもがいて、あと一人と思っていましたが、二人以上は望んでいなかったので、どうしようかなとかなり考えました。
また副作用などもあること、卵胞を育てる時期に隔日で3回ぐらい注射に通い、卵胞が育ったタイミングで排卵させる注射を打つということでかなりの回数婦人科を受診しないといけませんでした。

費用面でもどのぐらいかかるのだろうかとか不安はありましたし、治療に踏み切るまでに少し考えました。
ただそれ以上に子どもがほしいと思ったので、注射に切り替えて治療をしました。
すると注射に切り替えて一周目に排卵をしたことが確認されて、子どもを授かることができました。
費用面でも一周期について1万円弱で許容範囲だったので良かったです。

早めに婦人科を受診して、治療に踏み切り、その結果として子どもを授かったことは本当に良かったと思います。
第二子出産時に私は34歳で、35歳までに産みたいと思っていたので、良かったです。
不妊治療で授かった二人目は1歳半になり、今では家族にとってかけがえのない存在になりました。