月別アーカイブ: 2016年11月

排卵障害の私の不妊治療

私は一人目の子作りの時にスムーズに授かることができたので、二人目を考え始めた時も自分が不妊だということは想定していませんでした。
元々生理不順がありましたが、一人目で授かっていたために、あまり重視せずに生理が来ているからと安心していました。
しかし実際には排卵障害で、生理は来ていても排卵していなかったのです。
そんな私の妊活について紹介します。

1.基礎体温を測って婦人科に受診へ

基礎体温を計測するということは自分の体を知る上で大事になります。私も子どもがほしいと思ってから2ヶ月ぐらいは基礎体温を計測していました。
しかししっかりと排卵している場合は、高温期と低温期の二層に分かれると言われているグラフが、私の場合は一定で高温期、低温期という二層に分かれていないのです。
そのことからもしかしたら排卵していないかもしれないと不安になり、婦人科に受診をしました。

2.排卵していないことがわかる

婦人科に受診したタイミングは生理が終わってから排卵をする前ぐらいのタイミングでしたが、内診してもらっても排卵しそうな卵胞が育っていませんでした。
そして私が持参したグラフも見て、医師からは排卵が起こっていない可能性が高いと言われました。
排卵をしていないということは、タイミングをとって妊活をしていても妊娠する可能性はないということなので、私はその時点でかなりショックでした。
しかし前向きに治療をしていこうと思いました。

3.排卵誘発剤と黄体ホルモン剤

私に処方されたのは毎月定期的に生理がくるように生理周期を整えるためのルトラールという内服薬と、排卵を誘発するクロミッドという薬でした。
それを内服してグラフもつけながら様子を観ていましたが、残念ながら生理は来るもののグラフが二層に分かれませんでした。
排卵期に婦人科を受診するとまた内診により排卵していないと言われました。

それを2周期続けてもダメで、排卵誘発剤のクロミッドが2錠に追加されました。
結果としては同じで、排卵を誘発するために排卵誘発剤の注射にステップアップする提案を医師からされました。

4.排卵誘発剤の注射

排卵誘発剤の注射により排卵を起こさせるという方法ですが、医師からはこれで排卵をする確率は高まるけれども、排卵した場合双子になる可能性が20%
あると言われました。
私は上に子どもがいて、あと一人と思っていましたが、二人以上は望んでいなかったので、どうしようかなとかなり考えました。
また副作用などもあること、卵胞を育てる時期に隔日で3回ぐらい注射に通い、卵胞が育ったタイミングで排卵させる注射を打つということでかなりの回数婦人科を受診しないといけませんでした。

費用面でもどのぐらいかかるのだろうかとか不安はありましたし、治療に踏み切るまでに少し考えました。
ただそれ以上に子どもがほしいと思ったので、注射に切り替えて治療をしました。
すると注射に切り替えて一周目に排卵をしたことが確認されて、子どもを授かることができました。
費用面でも一周期について1万円弱で許容範囲だったので良かったです。

早めに婦人科を受診して、治療に踏み切り、その結果として子どもを授かったことは本当に良かったと思います。
第二子出産時に私は34歳で、35歳までに産みたいと思っていたので、良かったです。
不妊治療で授かった二人目は1歳半になり、今では家族にとってかけがえのない存在になりました。

不妊症の悩みから抜け出すには まずは食事改善が大事

子供ができずに悩んでいませんか?
不妊になる原因はいろいろですが、生まれた時から不妊症の人はいません。
その後に私達が成長していく過程において、いろいろな問題が生じて不妊症になります。その原因は様々ですが、一つには食事があります。
ここでは不妊症にならないための食事について見ていく事にしましょう。

1.質の高い卵子をつくるための食事

 卵子はそのほとんどをたんぱく質で構成されています。
たんぱく質は筋肉や臓器、皮膚などの細胞の主成分であり、ホルモンの材料でもあります。
卵子の質が良くないと、もし排卵したとしても、受精する能力がないとか、分割や成長もスムーズにいきません。
このような状態ではいくら努力したところで妊娠するまでに至りません。そこで質の高い卵子をつくるために、良質のたんぱく質を食事から摂る必要があるのです。
タンパク質はいろいろな食品に含まれていますが、お勧めなのは豆腐です。

豆腐は質の高い植物性のたんぱく質がたくさん入っています。
タンパク質はアミノ酸になり吸収されていきますが、動物性の食品だけではなくて、植物性の大豆製品を食べる事で、アミノ酸ンバランスも良くなります。

それからアスパラガスには新陳代謝やタンパク質の合成を助けるアスパラギン酸がたくさん入っています。
ですから、卵子の成長を助ける働きが高くて、加えて疲労回復効果も期待できます。

栄養的にはホワイトよろはグリーンアスパラの方が優れています。煮るよりも焼いたり炒めたりする方が効果的です。

2.男性不妊も食事の改善が大事

今では世界中で精子の数が減少しているのです。
環境問題なども一因ではありますが、この問題に対しては食事の改善が最も身近にできる事でしょう。
男性不妊には亜鉛がいいと言われていますが、これは精子製造能力を高める事ができる他にも、細胞や組織の新生や新陳代謝に欠かす事ができない栄養素です。

含有率が高いのはカキです。他にはカリウムが不足すると精子の運動能力が落ちる可能性があります。
ですから、パセリやホウレンソウ、アボガドなど新鮮な野菜や果物、豆類、レーズンなどを食べるといいでしょう。
精子を作る精巣の血流を良くして、ホルモンの効果を十分に発揮するためには、しょうがやスタミナ食品のニンニクなどの血流を良くするものを食べるようにしましょう。
また、一般的にビタミンEは精力の減退を防いでくれる効果があると言われています。
ビタミンEは抗酸化作用が強くて細胞の老化を抑える事も出来て、性機能の働きも良くしてくれます。
また血流を良くする効果もあります。主にはアーモンドやピーナッツなどのナッツ類やイクラ、辛子明太子、カボチャなどにたくさん含まれています。それからアルギニンも大事です。
アルギニンはアミノ酸の一種で精子の80%を占めている成分です。
これは、男性の性機能や精子の質や量を高めて、疲労回復にも役立ちます。ナッツ類やゴマ、大豆製品、エビ、レーズンや玄米などにたくさん入っています。

不妊治療の食事改善について

3.まとめ

子供ができなくて周りからの「子供はまだなの?」攻撃に心を痛めていませんか?特に出産や妊娠というのは女性の仕事と思っている人がまだまだ多いのです。
それゆえに女性は責められるているように感じる事もあります。
また男性も不妊の原因になる事は少なくないので、男女共ににまずは食事の改善をしてみましょう。
それだけでも、不妊解消に向けて大きく前進する可能性はあるのです。

不妊の原因と対策について

結婚生活が始まると子供を作ろうと考えますが、最近では不妊によって妊娠出来ないという人が増えてきています。
病院に通って不妊治療をしている人もいれば妊活をして妊娠しやすい体作りをしている人もいます。そこで不妊の原因と対策について考えていく事にしましょう。

不妊の原因もいろいろありますが、まず挙げられるのは生活習慣が乱れている事でしょう。
生活習慣の中には食事、睡眠などが大切になっていますが、食事に関しては最近ファーストフードやコンビニ弁当など添加物が多く含まれている食べ物を食べる人が増えてきています。
添加物が多く含まれていると体にも悪影響を及ぼしてしまって子宮や卵巣の機能も低下してしまう可能性もあります。
それに栄養も偏ってしまうので妊娠しにくい体になってしまいます。
また睡眠不足になっているとホルモンバランスが乱れてしまうので妊娠する時に必要な女性ホルモンの分泌量も少なくなってしまいます。
それにより妊娠しにくい体になってしまいます。妊娠しやすい体を作っていくには野菜や魚など体に必要な栄養素が多く含まれている食べ物を食べてしっかり栄養を摂取する事と規則正しい時間に睡眠を取ってホルモンバランスを整えていく事が大切になってきます。

ホルモンバランスが乱れてしまうのはストレスが原因になっている事もあります。
ストレスを溜めてしまうと体が緊張した状態になってしまうので自律神経が乱れてしまいます。
自律神経が乱れてしまうとホルモンバランスも乱れてしまうので妊娠しにくい体になってしまいます。
妊娠しやすい体を作っていくには適度に運動をして体を動かしたりすると気分転換になるのでストレスも発散する事が出来ます。
ストレスを発散する事が出来ると自律神経やホルモンバランスも正常に戻るので妊娠しやすい体を作っていく事が出来ます。

不妊の原因の一つとして挙げられるのが体の冷えです。
体が冷えてしまうと老廃物が溜まりやすくなるのでむくんできてしまいます。
また血行不良にもなってしまうので必要な栄養素が全身に行き渡りにくくなってしまいます。

それにより子宮や卵巣の機能が低下して妊娠しにくい体になってしまうので体を冷やさないようにするというのが大切になってきます。
日常生活の中で冷たい飲み物を飲まないようにしたり部屋の中を冷やさないようにして体を温めておくようにしましょう。

不妊の原因は女性にあるというイメージが強いですが、実際は男性に原因がある事も少なくありません。男性の精子の質が低下している事によって妊娠に至らないというケースもよくあります。
妊娠するためには女性だけではなく男性もしっかり改善していく必要があります。
規則正しい生活をして質の良い精子が生成されるようにしておく事が大切になってきます。

不妊の原因は男性と女性の両方にある可能性があるのでお互い協力して原因が何かを考えながら対策していく事が大切になってきます。
お互い協力し合う事で不妊を解消して子供を授かる事が出来るように頑張っていきましょう。